ANA-eLIO亡き後のコンビニ戦略

ひよです。

リボ払いを使うと、1000円=20ANAmile、Edy払いで25Mile,EdyMilePlusで30Mileという驚異的な還元率を誇るANA-eLIOカードも、2月いっぱいなので残すところ2ヶ月・・・。

そこで今日は、ANA-eLIO亡き後、コンビニでの決済方法について考えてみます。

ANA-eLIOの代替として送られてくるSONYカードは、1000円=3ANAmileですが、リボ払いで6Mileにはできると思う。これをEdy払いにすると11Mile、EdyMilePlusで16Mileです。
EdyMilePlusで200円=2Mileつくコンビニは、ampmと、南九州沖縄のファミマです。

一方、JALmileを貯めるのに、JALカードよりも有利なセゾンプラチナAMEXだと、iDorQUICPayで、1000円=11JALmile貯まります。

ただしそのうち0.1Mile分は、永久不滅ポイントを100P集めないと交換できないので、時間がかかります。
とはいえ、SONYカードでEdy払いしたときも、200円未満は切り捨てられるので、無駄が多いです。

ということで、

ampm;南ファミマ;サークルKサンクス  :  Edy払い

北ファミマ;ローソン;ミニストップ : iD(QP)とEdy、どちらでもかまわない

となります。

サークルKサンクスに関しては、Edy払いの時だけ、100円=1KARUポイント=1円相当が付くからです。

関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fiyoko.blog69.fc2.com/tb.php/440-3772da59


マイレージニュースヘッドライン(2008/12/27~2009/1/4)

こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。 今週も、一週間のマイレージ関係のニュースをまとめて振り返りたいと思います。 なお、メールマガジン読者の方には同様の内容+αを毎週土曜日発行のメールマガジンで一足お先にお届けしています...
[2009/01/05 23:26] URL マネーテクニック!