BLAME!を見た



最後の方に出てきたシボの虫形態が、人形の国のやつと同じだなぁと思った。
最初の10分が結構苦痛だった。
時系列を編集して、最初にもっと派手なシーンを持ってきた方が、映画のヒットは見込めたかも!?

シャキサクとかいうのがどこに出てきたか分からなかった。
結局シボの擬似装置は失敗だったということか。成功してたら、霧亥は旅に出る必要ないからなぁ。

シボはあの後ずっと虫のまんまなのか?
これで作者は満足して、シドニアのシーズン3を作ってくれるのだろうか?

クリエイターは、ずっと同じテーマを、手を変え品を変え創り続けるというが、弐瓶氏の場合は、このBLAME!と人形の国に通底する要素がそれなのか?

自分が一番好きなシドニアの騎士は、作者的には、「自分が本当に創りたい物語」ではなく、「読者が読みたい物語」を作ったということだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fiyoko.blog69.fc2.com/tb.php/1366-7a292d51