【欧米人にとってシナは家畜】「『ドイツ帝国』が世界を破滅させる」の書評


中国がシビアに切り捨てられたいたのが面白かった。
わずか25歳の時、ソ連における乳幼児死亡率の悪化から、ソ連崩壊を予測(1976年)した天才フランス人社会科学者へのインタビューを書き起こしたものです。

中国は、信じられないぐらいお金になるので、欧米は誉めそやしているが、中国の首脳陣にも、中国をコントロールできてはいないとのこと。

要するに、金の卵を産むガチョウとして、欧米は中国を大切に飼育しているということでしょう。

氏によると、今後世界で、自ら意思決定できる強国は、ドイツと米国、それにロシアの3カ国であると。
ドイツ=EUの二重帝国の力が強くなるに連れ、米国はこれに抗しきれなくなり、ロシアと組むしかなくなる。

第三極の可能性として、ロシア、インド、中国が手を結ぶユーラシア同盟があるものの、この同盟は、日本が加入しない限り、テクノロジーの面で決定的に劣る。

イギリスは、ハンガリー同様、EUから離脱していく。イギリスには英語圏という、若々しい後背地が存在している。

サウジアラビアは米国に面従腹背しつつある。

”親米左翼”とも言われるエマニュエル=トッド氏の母国フランスや日本は、このままだとメインプレイヤー足りえなくなる。

今般のシリア難民問題における、ドイツと周辺諸国の対応関係を観察していると、ドイツ=EUの二重帝国が2003年から飛翔しているという主張には、リアリティが増しつつあるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/09/20 19:45 ] ★政経&軍事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fiyoko.blog69.fc2.com/tb.php/1341-88e3d168